企業詳細

株式会社東急エージェンシー

本社・事業所
東京都/北海道/宮城県/大阪府/愛知県/福岡県/鹿児島県
業態
広告会社
得意分野
メディア&コンテンツ-メディアプランニング/メディアバイイング-デジタルメディア/デジタル-インタラクティブ広告/デジタル-SEO/デジタル-リスティング/デジタル-運用型広告/デジタル-ビッグデータ/デジタル-DMP

企業情報

会社名(正式名称) 株式会社東急エージェンシー
本社住所 〒107-8417 東京都 港区赤坂4-8-18
電話番号 03-3404-5321
事業所
大森オフィス
〒140-0013 東京都 品川区南大井6丁目20番14号イーストスクエア大森4F
03-5762-7561
北海道支社
〒060-0003 北海道 札幌市中央区北3条西2丁目2番地1号日通札幌ビル10F
011-231-5841
東北オフィス
〒980-0811 宮城県 仙台市青葉区一番町2丁目7番17号朝日生命仙台一番町ビル2F
022-721-1262
関西支社
〒530-0001 大阪府 大阪市北区梅田3丁目3番10号梅田ダイビル11F
06-6344-3256
名古屋支社
〒460-0008 愛知県 名古屋市中区栄4丁目1番8号栄サンシティービル16F
052-269-1180
九州支社
〒810-0002 福岡県 福岡市中央区西中洲12番33号福岡大同生命ビル10F
092-781-0181
鹿児島オフィス
〒892-0825 鹿児島県 鹿児島市大黒町4番1号西日本シロアリいづろビル4F
099-223-0131
代表・略歴  代表取締役会長 桑原 常泰


代表取締役 社長執行役員 澁谷 尚幸
役員
取締役 常務執行役員 林 誠
取締役 常務執行役員 柴田 亨
取締役 執行役員 阿部 芳己
取締役 執行役員 松本 智
取締役 執行役員 内田 亮
取締役 執行役員 高坂 俊之
取締役 巴 政雄
取締役 金井 美恵
常勤監査役 不破 大悟
監査役 秋元 直久
設立日 1961年3月
資本金 100,000,000円
業績 売上高:104,685,000,000円(2018年3月期)※単体
従業員数 952名
沿革 1961年東急グループの総帥であった五島昇により、産業界に貢献し、新しい時代に対応できる総合広告会社として設立された。当初は、東急不動産にあった東京急行電鉄の交通広告媒体窓口機能を起業基盤に、東京・渋谷において営業を開始した。1970年本社を現在の港区赤坂に移転する。1975年以降ゴルフトーナメントの企画運営にも本格的に参入。1978年業界初で唯一のバーコード読み取りによる家庭内スキャンパネルシステムを使った、商品購買データベース「QPR」を構築する。2003年DDBワールドワイド・コミュニケーションズ(現、DDBワールドワイド)と業務提携。2005年中部国際空港(セントレア)ターミナルビルのプロジェクトに商業施設コンサルティング、内装設計監理、ブランド構築、販売促進担当として参加、開港。2008年医療専門広告会社インフロントと業務提携。2011年QPRによる生活者データ収集、販売の新会社(株)エムキューブアンドアソシエイツ設立に出資。2012年子会社の(株)東急スペース開発を吸収合併した。2015年には、デジタルビジネスの拡大を図るためにDDB ワールドワイド・コミュニケーションズのTribal Worldwideと業務提携した。アジア圏を中心に国内外を問わず、様々なビジネスソリューションの提供・開発を目指している。ビッグデータの分野では、2015年産業総合研究所のプログラムをベースに、個人情報を使わずに購買の分析ができる「Target Finder」の販売・コンサルを開始。また、空港や大型商業施設での商空間開発の知見を活かし、2016年に民営化された仙台空港の運営や、2027年に完成予定の渋谷駅を中心とした再開発計画に参画している。
事業内容 テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・インタラクティブメディア・OOHメディア等各種広告の代理業務
広告宣伝に関する企画、立案並びに制作
情報の収集、計算、統計、分析及び市場調査、広告効果の測定並びに情報機器によるプログラムの開発、運営の受託
出版、印刷、写真、映画の企画、立案並びに制作
展(博)覧会、見本市及び各種催事、興行等の企画、立案、実施
地域開発、都市開発及び一般建設の企画、設計並びに施工
特徴 東急エージェンシーは、東急沿線を中心に、海外を含めて、生活に密着した事業を展開し、「ひとつの東急」を掲げる東急グループの一員として、リアルな生活者の意識や行動の変化を感じ取っている企業である。2020年とその先の未来に向けたビジョン「実験、実践、実現。For Amazing Experiences」は、クライアントとその顧客に驚くべき体験をもたらすことを提供価値の中核に据え、すべての接点において満足や感動を引き出すような体験をデザインしていくという、広範囲で高い付加価値の提供を目指している。また、広告会社としての業務だけでなく、「TOKYU OOH(東急線交通・屋外広告)」のメディアレップとしての役割も担い、新たな媒体開発などにも積極的に取り組んでいる。その他、空港広告シェア No.1であることや、百貨店、ショッピングセンター、空港内施設など、大型商業施設の設計・監理などに多くの実績がある点も特長である。
受賞歴 第58回カンヌライオンズ国際クリエイティビティフェスティバル ブロンズ/デジタルサイネージアワード2014 ゴールド含む2部門/第18回アジア太平洋広告祭(ADFEST 2015)グランデ含む4部門/第62回カンヌライオンズ国際クリエイティビティフェスティバル ゴールド2部門/ロンドン・インターナショナル・アワーズ2015 ゴールド含む5部門/第19回アジア太平洋広告祭(ADFEST 2016)ゴールド含む2部門/第54回D&AD Awards Graphite Pencil/2016 One Show Branded Entertainment部門 シルバーペンシル/第63回カンヌライオンズ国際クリエイティビティフェスティバル ブロンズ/第8回Spikes Asia(2016)ゴールド(3作品)/第20回アジア太平洋広告祭(ADFEST 2017)ゴールド含む3部門/第21回アジア太平洋広告祭(ADFEST 2018)シルバー
主要株主 東京急行電鉄(86.4%)
グループ企業 (株)東急エージェンシープロミックス/(株)イメージスタジオ・イチマルキュウ/(株)東急エージェンシービジネスサービス
提携企業 DDBワールドワイド
加盟団体 (一社)日本広告業協会/(公社)東京広告協会/(公社)日本広告審査機構/IAA日本国際広告協会/(一社)日本BtoB広告協会/(公社)日本記者クラブ/(公社)ACジャパン/(一社)日本ABC協会
業態 広告会社
得意分野 メディア&コンテンツ-メディアプランニング/メディアバイイング-デジタルメディア/デジタル-インタラクティブ広告/デジタル-SEO/デジタル-リスティング/デジタル-運用型広告/デジタル-ビッグデータ/デジタル-DMP

※掲載されている情報に関しては、掲載企業が入力、更新しているもので、宣伝会議が掲載内容や企業の信用を保証するものではありません。