企業詳細

有限会社日本ユニ著作権センター

本社・事業所
東京都
業態
その他
得意分野
その他

企業情報

会社名(正式名称) 有限会社日本ユニ著作権センター
本社住所 〒105-0001 東京都 港区虎ノ門5-13-1虎ノ門40MTビル2F
電話番号 03-5472-6620
FAX番号 03-5472-7767
代表・略歴  代表取締役 宮辺 尚
昭和45年大学を卒業して(株)新潮社に入社。「新潮」編集部、「小説新潮」編集部、出版部(書籍編集部)で文芸作品の編集に30年間従事したのち、編集総務・著作権管理の職務に移り、著作権管理室室長として定年退職。新潮社在職中より日本ユニ著作権センターの著作権相談員を務め、退職後センター専務理事を経て現職。(公財)新田次郎記念会事務局長。元・(一社)日本書籍出版協会知的財産権委員会幹事。
共著『これからの出版契約』(日本ユニ著作権センター)のほか、「三浦先生の原稿」(『三浦哲郎の世界』デイリー東北新聞社)、「遠藤座長と劇団樹座」(「大衆文学研究」115号遠藤周作特集)、「『熱』の人、『義』の人」(「新潮45」2012・6新田次郎特集)など。
役員
代表取締役 宮辺 尚
取締役 北村 行夫
監査役 宮田 昇
設立日 1991年11月
資本金 8,000,000円
従業員数 5名
スタッフ構成 管理:3名
沿革 創立 1991年11月6日
沿革 布川角左衛門(元日本書籍出版協会相談役、日本出版学会会長)、森田正典(元日本放送協会著作権部長、JUSRAC常務理事)、谷井精之助(元民放連著作権部長、日本著作権協議会常任理事)、豊田きいち(元小学館編集担当取締役、日本雑誌協会著作権委員会委員長)等を顧問に、弁護士北村行夫と日本ユニ・エージェンシー・宮田昇の発意により、日本国内で唯一の[会員制、有料制]の民間著作権コンサルタントとしてスタート。著作権をはじめとする知的所有権の総合コンサルタントのほか、各種著作権セミナーの企画実施、出版・Webサービス等を手がけ、現在に至る。
事業内容 当センターは、知的所有権を有効積極利用するために設立された[会員制、有料制]の唯一の民間会社です。
1.コンサルティングサービス [著作権相談・調査・契約書作成・契約書チェック]
面接著作権相談(毎週金曜日、著作権相談員+弁護士)、メール・電話相談は随時
2.著作権セミナー開催 [春(入門)秋(実務)定例セミナー・広告宣伝定例セミナー・教材定例セミナー]
出張研修セミナー、著作権塾、テーマ別勉強会(契約・著作権法逐条・判例)
3.出版・情報サービス [「JUCC通信」、ユニ知的所有権ブックス、著作権資料発行]
著作権実務知識、著作権判例、知的所有権関連書籍情報をウエッブサイトでも提供
特徴 著作権相談
たんなる原理原則からの評論ではなく、弁護士の法律知識に照らした厳格な評価と、相談員の長年にわたる著作権実務家としての経験による知恵。この二つを総合したアドバイスが、日本ユニ著作権センター(JUCC)の特徴です。多くの場合、著作権のご相談内容の実情に応じた具体的な対応策、あるいは商標を含む知財関係の調査を絡めたアドバイスにまで踏み込みます。紛争の未然防止はもとより、ビジネスとしての著作権実務・知財問題への的確な解決力を供給することこそJUCCのコンサルテーションです。
調 査
著作権有無の調査判定(著作物性、発行年、著作者死亡年、保護期間他)や著作権者追及(内外著作の著作権者、出版社等)をはじめ、類似判例提供、商標を含む知財関係の調査。
契約書作成 契約書チェック
当センターが独自に提案する「出版許諾契約書」を中心に、弁護士の助言を得て、契約書の作成のお手伝いとチェックをします。
セミナー・塾
基礎と応用力を鍛える講義。法律知識だけでなく、具体的事例に沿ったカリキュラムは、著作権実務への的確な解決力、トラブルの未然防止に役立っています。最新動向をキャッチし、タイムリーな課題を素早く採りあげて特別セミナーも開催します。また会員の要請により、講師陣が出向いて行なうオーダーメイドの研修セミナー(有料)も行なっています。
取引銀行 みずほ銀行 神谷町支店/みずほ銀行 九段支店/きらぼし銀行
業態 その他
得意分野 その他

※掲載されている情報に関しては、掲載企業が入力、更新しているもので、宣伝会議が掲載内容や企業の信用を保証するものではありません。